(「アイトナー」OPEN記念懇親会でのインタビュー)

<司会>

この度はOPEN記念懇談会にお集まりいただき有難うございます。

はリサイクルトナー&純正トナーの専門オンラインショップとして、「安心」、
「高品質」しかも「低価格」な国内工場製造のトナーを企業にご提供するWebサイトです。

今後利用の拡大が見込まれるリサイクルトナーや商用オンラインショップを
更に広めて行きたいという関係者の皆様に支えられこの度オープンを迎えるに至りました。

そして今回は大変力強い方に皆様の応援団長を買って出て頂きました。


      

        
        石濱 榮一 さん
      株式会社日本ソフトウェアサービス 非常勤取締役
    (元 株式会社セイコーアイ・インフォテック代表取締役、
      セイコーインスツル株式会社執行役員、 他)


<司会>
石濱さんはOA機器、プリンタ・プロッタ製品のメーカーでTOP としてご活躍されてきましたが、
メーカー視点からリサイクルトナー業界やその製品について如何ですか?

<石濱>
リサイクルトナーは海外では約50%のシェアを占めるほどで、その基盤が出来上がっていて、
企業における認識も十分浸透しています。

特にリサイクルという観点でECOという社会性と、経費節減の経済的メリットが合致しているため、
今後日本でも企業でのトナーカートリッジのリサイクル利用は必然な流れでしょう。

<司会>
リサイクルトナーは一般的にプリンタメーカーと相対するイメージがありますが?

<石濱>
私自身メーカーのTOPにいたころからメーカー側はそんな敵対心を持っているわけではありませでした。
むしろ業界全体で考えた場合には、品質向上や市場の成長というベクトルが一緒であれば
歓迎されることです。

ただ海外の粗悪な製品も市場にはまだ出回っていることも事実です。だからこそ
の様に日本国内ISO認定指定工場でのリサイクルされた生産品のみを取り扱い、
万全なサポート体制で購入後のフォローまで行うというオンラインショップを応援していきたいと
思っています。
是非皆様に高品質のリサイクルトナーをご利用頂き業界のイメージ向上に努めて欲しいと思います。


                         

                           
                     中村 卓夫 さん (コンサルタント)
                              株式会社乃村工藝社 監査役
                              NPO法人 RE機構 顧問
                            (元 株式会社日立製作所 部長)

<司会>
中村さんは元々日立製作所で本社生産技術部・品質保証本部・環境本部といった部門に
長年従事され、大手企業における品質管理には厳しい目を持たれていらっしゃいますよね?

<中村>
「製品が安い」というメリットは確かにあります。特に大手企業とってトナーなど消耗品の購入費用は
膨大になり、この費用が50%ましてや80%削減できるとなれば利用しない手は無いですね。

しかしながら購買担当者としては、取り扱い製品を変えるということで万が一支障が出てしまうようでは
責任問題にもなりかねません。
価格品質も大事! ユーザーはいつでも欲張りなんです。(笑)

<司会>
企業側の視点でこれからリサイクルトナーやのショップを使ってみようと考えている皆様に
アドバイスは?

<中村>
重要なことは、全ての用途で純正トナーを利用しなくても良いということなんです。
企業の中では、会議後に即シュレッダー行きとなる配布資料から確認用文書、プレゼンテーション資料、
DTP、設計図など様々な印刷物がありそれぞれの用途に合ったプリンタがあります。
まずはその中から3割4割をリサイクルトナーにしてみるという事がよろしいのではないかと
考えています。
その点リサイクル純正トナーも取り扱うは購買担当者にとって大変有難いオンライン
ショップですね!
日時:2010年6月10日
場所:水道橋にて
司会:アイトナー店長代理:椎橋 隆司